投稿

ご褒美と強化子(好子)

 昨日2回目の親トレーニングのウェビナーをやりました。いつもの通りペラペーら気持ちよく話していると、「スライド見えていません」とメモをいただき、まさかの画面共有ボタンを押し忘れに気づきました。ああ恥ずかしい。朝から汗だくですね。まさかの失敗にもめげずに、頑張った私へのご褒美で外に出ました。コーヒーは良いですね。時価で値段変動のコーヒー屋さんがあり、こだわってるから高いのかと思いきや、まさかの一杯116円。コーヒーを持ってフラッと歩けば、偶然ビルの中のテラス席が空いている。見上げると名古屋のテレビ塔が。意外に良いですね、名古屋。ちなみにインスタにも写真をアップしてしまいました。さっそくインスタに振り回されていますかね?まあ最初のうちはそれぐらい楽しんでも良いでしょう。 https://www.instagram.com/p/CN_-In8H76s/?utm_source=ig_web_copy_link  この日の親トレーニングは偶然「ご褒美」や「強化子」についてお話ししました。ご褒美イコール強化子と勘違いされている方が多く、そういう時もあれば、ご褒美が強化子にならない時もあります。ご褒美はもちろん嬉しいことなのですが、タイミングを間違えば行動を強化する力が発揮できないだけでなく、逆に間違った行動を強化することもあり、使い方が下手な人に限って「強化子はうまく行かない」とか文句を言ったり、「この子は教えづらい」などと子どもの責任に押し付けてしまう結果になることも。また行動の労力に対して強化子としての価値がそこまで高くない場合や、行動が起こらない他の場面でもそのご褒美が与えられてしまう場合など、全然行動を増やさない場合もあります。行動の後のみにそのご褒美が来ていないと、強化は起こりづらいのです(行動にくっついて意味があるところから、随伴性などとも言います)。簡単でよく知られている基礎的なことのようで、意外に使い方は難しいのです。嬉しいものは必ずしも行動を増やさないのです。使い方次第ですね。  ちなみに私のコーヒーはご褒美なので私にとっては嬉しい物ですが、私のウェビナーをする行動を強化しているわけではありません。ウェビナーをしようがしまいが、きっと何らかの理由をつけてコーヒーは飲むでしょうし、そういう場合は随伴性が壊れているので強化としても効果がないです。ウェビナーをする行

インスタグラム・写真の良さ

 インスタグラムを始めました。「インスタ映え」という言葉が流行ってから随分経ち、今さらながら、時代についていくのも大変ですね。この年齢でも新しいことは学べるのですが、時間がかかりますし、江戸っ子親父のようにだんだん焦る傾向が強くなっている今日この頃。操作が上手くいかない度にイラっとしますね。スマホをうまく使いこなせず、「もうやだ!」と、ちびまる子ちゃんみたいにトイレにダッシュで逃げ込むこともしばしば。やっと操作に慣れ、少し落ち着いて写真がアップできるようになってきました。ちなみに以下のリンクから開いてみてください。 https://www.instagram.com/p/CN6fnp3nPhh/?utm_source=ig_web_copy_link  インスタと言えばやはり綺麗な写真。最初に教室のひまわりの工作の写真を載せたのですが、それがすぐに40くらい「いいね」が届き、「これはすごい」と勘違いしたのも束の間、それ以降に載せたものは1つ2つ程度ですかね。まあ「いいね」の数にあまり振り回されずに、地味に写真を載せていきます。  確かに最近は(前から?)療育にも写真やビデオをフル活用するようになってきました。子どもにやらせたい活動はビデオに撮って子どもに見せます。ビデオモデリングと言って、ビデオに撮ってある方が、集中して見本を見て真似ができるからです。大人でもそうですよね。ご飯の作り方レシピよりも、クックパッドで写真やビデオがあった方が分かりやすい。教室の工作も、ご家庭で何度も作って欲しいですからできるだけビデオに撮りますし、そのままyoutubeにアップすることも増えました。(ちなみに、工作のYouTubeは、https://youtu.be/qKl6WipS6uI などです。参考までに。)療育中も楽しい活動はできるだけ写真を撮って、生徒に後から「今日は何が楽しかった?」と振り返らせます。その写真をそのままプリントアウトして、「写真日記」にして、「4月22日、ひまわりきょうしつで、こうじくんと、くろひげゲームであそんだ。たのしかった。」など、まとめてもらってます(場合によっては、大人が書いたものをなぞってもらうだけですが)。楽しい体験を写真と文章にまとめると、後から他の人にその楽しさを共有できるので、その効果はすごいです。他の人から「すごいね。くろひげ遊んだの?」

小学校時代の自閉症の療育と学校教育について

 2月27日(土曜日)はBlueRingでの無料講演会でした。参加していただいた方、ありがとうございました。自閉スペクトラムを持つ子どもの療育に、日々戦っておられるABAの実践家、それから保護者、そして事業家が連携しての講演です。無料ですが内容の濃い見応えのあるものに仕上がっていたと思います。(企画する側なので自画自賛ではありますが。)講演されたボランティアの先生方、ありがとうございました。講演日から2週間は無料で見逃し視聴もできるようなので、もし間に合わなかった方がおられたら、 https://youtu.be/Ke8qW07mhtE から視聴してみてくださいね。  私の講演は題目は「小学生時代に身につけたい6つの姿勢」という題名でお話ししました。ABAで最も有名なものは、「自閉スペクトラム症の児童への早期集中介入」です。就学前、特に2、3歳などの幼い年齢からの集中的な療育が科学的に効果があると検証されています。「効果がある」と言うのは、言語、生活上の行動、コミュニケーション全般などに大きな改善が見られるということです。「ABAがなかったら、この子は何か嫌なことがある度に、泣き叫んでばかりのまま大きく育つのかな?」と思われるような生徒もいます。ABAに巡り会えたことにより、好きなことも増え、言えることもしっかりと言えて、コミュニケーションが全般に楽になるという体験は、支援する側から見ても保護者からしても本当に嬉しい瞬間です。しかしABAの早期介入を卒業したからと言って「もう何も支援が要らない」と言う生徒は実は少数派で、逆に大部分の生徒が、小学校に上がってからも何らかの支援が必要な場合が多いです。ABAを長年やってきた支援者側から言うと、早期療育の後の、小学校教育も同じくらい大切なのです。特性のある生徒さんに対して、教え方を色々と工夫して、常日頃頑張ってくださる学校の先生や、保護者が一人でも増えて欲しいし、そう言う人へのサポートがしたい。一般に小学校時代の教育は子どもの人生にとって重要な位置付けにあるのは当たり前のことで、幼児期の教育も、学校教育も、親は継続して「子供にとって一番良い教育」を探し続けるところになります。子どもへの教育としての選択肢の一部としてABAが多くの場所で手に入ることができたら良いな、と妄想しています。今の段階では非常に遠い未来のようにも見えま

共通テストで「鼻マスク」受験生逮捕

 共通テストで、マスクから鼻が出る状態で受験していた人が成績無効になった(逮捕された)ことが話題になりました。おかしな言動をする人は、逮捕されても失格になっても仕方がないとは思います。逆に、周りの真剣な受験生に迷惑をかける人は逮捕されるべきだと思います。ただ「正しいマスクの着用で」(しかも鼻が隠れてない程度で)失格になる可能性というのは、これは議論された方が良いことだと思います。  私からすると、細かいことにうるさい人は怖い。しかもそのこだわりを他人に強要する人はもっと怖い。私からするとマスクで鼻が出てるとかは、まさにその「細かいこと」の範疇に入ります。マスクを頭にかぶっているならわかりますが、鼻を隠していることって、そこまで重要か?本人の立場に立って言えば、自身の感染の確率が上がるのですから、それは鼻まで隠した方が良いに決まっています。でも、鼻からは飛沫を飛ばしにくいでしょう?・・・正確に言えば、特にくしゃみなどをすれば鼻からも飛沫が飛ぶらしいので、近くでくしゃみしている人が鼻を隠していなかったら、私も鼻をカバーして欲しいと思う。でも、くしゃみもしてない時に、それが気になるか?・・・細かい。受験生からそういった苦情が出たのでしょうか?確かに受験生は気になりますよね。ただし、その細かいことで、他の人の行動を取り締まろうとすることは怖い。マスク一つで人を逮捕する可能性があるのなら最初から「受験は安全だ」と言わずに、最初から全国で個室やオンラインで受けられるようにして欲しい。6回も注意を受けて直さない方も直さない方だが、このことで6回も注意するのは「俺の言うことを聞け!それがどんなに細かいことでも、俺の指示には従え!」とも感じられ、怖い。  ASDの子ども達を対象にブログを書いているので、「こだわり」をテーマに書くことが多いのですが、私たち全員がそう言った傾向を多かれ少なかれ持っています。ただ自閉傾向のある人は、必ずしも人に自分のこだわりを押し付けて来ないです。この新聞記事を見る限り、一般の人たちにも相当こだわりが強く、それに加えて「人にも強制的」である人がいると考えざるを得ない。どこか他の国ではやっと「マスクをする」と言う人が増えてきた程度であったり、それこそマスク1つで逮捕されたりする国もある。コロナによって大きなストレスを抱える社会になっていることも事実だ。教育や

自閉スペクトラム症と知的障がい、ABA療育の目標

 メリー・クリスマス!今年は特にネガティブなニュースが多かったですね。今までにない新しい脅威に振り回されながら、日常生活を継続していくという想像もしなかった一年でした。何が起こるかわからないですね。皆様が今年のクリスマスとお正月を少しでもゆったりと過ごせますように。  今回は、子どもの障がいの特徴についてお話しします。特徴は子どもそれぞれなのですが、一般に「自閉度(自閉傾向)」と「知的障がい」とう2つの軸を使って表現することがあります。  「自閉度(自閉傾向)」というのは、例えば興味の範囲が狭いとか、1つのことや細かいことへの執着が強いとか、柔軟ではなく同じパターンを好むとか、社交的なやりとりが難しいとか、色々な特徴が見られます。ABA的にざっくり言うと、好きな物の数が少なく学習する行動の範囲が狭いことを指します。ADOSなどの検査などでこの傾向を検査することもできますが、その傾向が極端に強いことを「自閉度(自閉傾向)が強い」「自閉症状が重い」などと表現します。大人であっても、一般にどの人にも自閉傾向はあり、例えば1つのことを黙々と継続するような、こだわりが必要なお仕事には向いていますし、必ずしも良い悪いを言うものではありません。  一方「知的障がい」は、知能テストで測るIQが低いことを差し、知能テストの点数が低い場合、知的障がいが重いと言います。診断も知能検査でなされます。ABA的にざっくり言うと、学習のスピードが遅い傾向と考えます。大人にも飲み込みの早い人とそうでない人がいるように、それぞれに合わせた教え方が必要になります。知的障がいのある教える際は、その生徒が学習しやすいように、細かくステップに分けて教えることで様々なことを学習します。  知的障がいは自閉スペクトラム症とは全く別の診断となりますが、自閉スペクトラム症と診断される場合は、多くの場合「知的症がい」を併せ持ちます。ざっくり言うと、好きなことや学習する範囲も狭いし、それに併せて、学習するスピードもゆっくりだと言う事です。この場合、生活や学習でのチャレンジも確かに大きいです。  どんなチャレンジであったとしても、1つ1つ問題を丁寧に分析して乗り越えていくと言うことが、子どもを教えていくのに重要な観点だと思います。私がABAで一番共感している部分は、他の人と比べてどうとか言うのではなく、「自閉だから」「知

自閉症は感情が薄い?:行動のきっかけ(SD)

  私の子どもの幼稚園は園バスがなく、朝は私が幼稚園に連れて行ってます。子どもを連れて園に近づくと、同じく通園する生徒と保護者、それから通勤してきた園の先生にすれ違います。この時通常挨拶しますよね?この挨拶で気づいたことがあります。私が子どもを連れて歩いている時は、遠くからでも「おはようございます」と声をかけていただきますが、子どもと別れて園から職場に向かう時は、途端に挨拶をかけられなくなるのです。こちらからすれ違う先生に挨拶をすると、ちょっと通り過ぎてしまってから「あ、おはようございます。」と、明らかに気づかなかった感で遅れて挨拶が返ってきます。子どもと一緒にいないと、急に「お父さん」と認められなくなるのです。園は比較的人通りのあるところにあり、朝はサラリーマンも多く通勤で歩いているところです。子どもと一緒にいないと、急に「お父さん」から「ただの通勤途中のサラリーマン」に紛れて分からなくなるらしいのです。面白いことに女性の場合は子どもと一緒にいなくても「お母さんかも?」「先生かも?」という目で見ているのでしょう、すれ違って挨拶を忘れることはないんです。男性は子どもが一緒になって初めて「お友達の〇〇君のお父さん」になり、子どもがいなければ「対象外」のようなのです。  一般的な心理学で言えば、父親とサラリーマンの認知の部分になるのでしょうか?私は一般的心理学の専門家ではないため分かりませんが、行動分析的には頭の中にあって見えない「認知」には頼らない分析の仕方をします。行動分析的に言うと挨拶が起こらない状態は、行動の「きっかけ」がない(専門用語で言うと弁別刺激、SDがない)ために行動が起こらない状態と考えます。詳しく言うと、園の近くにいる男性という刺激は「子どもが一緒にいる」という刺激が一緒にはって初めて行動を引き起こすきっかけ(弁別刺激)になります。サラリーマンに挨拶をしても返答が返ってこないので、サラリーマンには挨拶をしない。園児の父親に挨拶をすると挨拶が返ってくるので、父親には挨拶をする。サラリーマンが実は父親である可能性は、一人でいる女性が園児の母親である可能性よりも圧倒的に低いために、女性がひとりでいれば、顔を詳しく見て母親かどうかをチェックするが、男性が一人でいる場合、父親かどうかを確認する行動が学習されていないと考えます。私が一人で歩いていて挨拶をされない

PECSの絵カードと自発の言葉

 本当に久しぶりにブログに帰ってきました。前回アップデートしたのが2018年10月とあったので、ほぼ2年ぶりですね。ブログは結構体力を使ってしまうので、子どもが小さいうちは中々難しいですね。ブログに関して言うと私は「がっつり派」と言うか、ついつい長文のブログを書いてしまうので、気付けばそれなりの時間を取られてしまっています。なんでこんなに言葉がたくさん出てくるんでしょう?私小さい頃は全然話すタイプではなかったので、私のイメージでは、私って無口な人なんです。家族が私以上に話す人たちだったので、気づかなかっただけかもしれません。大人になってアメリカで学生していた頃には既に「親トレーニングする時、ダダダダダ、って話すね。」とDr. Jim Carr(現在の国際認定協会のボスです)に言われたことがあり、ショックを受けました。「ダダダダダ」って、アメリカ人からマシンガン扱いにはショックでした。最近は講座などで2時間話す機会があっても、用意したスライドの内容からついつい関係あること・ないことペラペラ話してしまい、結局スライドが終わらない・・・。もうただのおばちゃんです。  話すといえば、話さない人に使うコミュニケーションの1つにPECSというものがあります。昨日はスタッフとPECSの絵カードの整理をしました。PECSってご存知ですか?Picture Exchange Communication Systemの頭文字を取ってPECSなのですが、アメリカで発達してきた絵カードを使ったコミュニケーション方法の1つです。口頭で会話ができない人が、代わりに絵カードを使って話しかけることができる道具とその方法を言います。例えば、「チョコレートが欲しい」というメッセージを伝えるために、「チョコレート」の描かれた絵カードと、手のマークのついた「ください」のカードを使い、裏についているマジックテープで「チョコレートください」の文章にまとめて、伝えたい人にそれを渡す形でコミュニケーションを取ります。なかなか言葉が出ない発達障がい(例えば自閉スペクトラム症)の子どもが、この方法を使って言いたいことを伝え、コミュニケーションが改善するということが研究で明らかになっています。日本でもそれなりに広まっていて、青森に日本行動分析学会があった時には、「PECS使用できます」のような貼り紙のあるお店があったのを